証言者の歴史

ジョゼフ・マイアー

ジョゼフはライプツィヒの大学を卒業した後、1933年に米国に移住しました。 彼の両親と兄弟はそれより早くドイツを去り、米国に渡っていました。 ジョゼフはコロンビア大学に在学しました。 1940〜1943年の期間には、ニューヨークドイツ系ユダヤ人新聞の編集補佐を務めました。 1944年には、イギリスの米国大使館でプロパガンダアナリストとして勤務しました。 1946年には通訳としてドイツのニュルンベルグに渡り、ニュルンベルグ裁判の資料や記録を分析し、また数多くの尋問に関与しました。

謄本

前に述べましたように、本人が署名した命令に関して行われたことに対して責任があったことを時折認めた唯一の人物は、ゲーリングでした。 しかし彼もまた粗悪であり、粗悪な人物であることを示す手がかり、粗悪な人物であることを知らせる手がかりは、以前に触れたかどうかわかりませんが、四大国に対する彼の振るまいや態度でした。 連合国の中で一番弱かったフランス人に対しては、蔑んでいたとは言い過ぎないし、人を見下したような振る舞いをしていました。 アメリカ人に対しては、ハリウッド映画と共に育った大胆不敵なアメリカ人にとって自分が友好的な人物であることを印象付けようとしました。 几帳面で冷静、品行方正なイギリス人に対しては、尊敬の念を示すために、紳士的に振る舞おうとしました。 しかし、ロシア人と会ったときには、たじろいでいました。 ロシア人が尋問室に入ってくると、彼はたじろぎ、若干ちぢこまっていました。 ロシア人に印象づける術を身につけていなかったのです。 彼はロシア人、そして尋問室に入ってくるすべてのロシア人を死ぬほど恐れていました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.