証言者の歴史

マーティン・ストラウス

1938年に、マーティンの父は水晶の夜の勃発中に投獄されました。 家族の異教徒の運転手の介入により、マーティンの父は3日後に釈放されたのです。 家族はパレスチナに移住するためのビザを入手し、1939年にドイツを去りました。マーティンは、パレスチナへの移住に関するイギリスの制約に背いた「不法」移住者を援助しました。 彼は1947年にイギリスにより拘束され、パレスチナに住むことを禁じられました。 彼はその後、米国に移住しました。

謄本

我々は上海、イスラエル、またはイギリスのビザのいずれかを取得して、退去する許可を得るのを待っていました。 そして、イスラエルのビザが最初に届いたのです。 その2日後にイギリスのビザが届きましたが、そのときの運命で、我々はイスラエル、つまりパレスチナに向かうことになったのです。 運転手に鉄道の駅まで送ってもらい、列車に乗り、国境のあるイタリアにたどり着きました。ドイツ人は、我々にパスポートがあり、移住することを知って、我々を隅々までひっかき回したのです。 隅々までひっかき回したとは、文字どおりのことでした。 彼らは私の父の木の義足を外し、お金や密輸品が隠されていないか検査しました。 しかし、我々は罠にはまりませんでした。それまでにすでに教訓を得ていましたから。 彼らは母の服を剥ぎ、全裸にして、思いも寄らないような場所まで検査したのです。そして当時8歳の子供だった私の妹の服も剥いだのです。 私は彼らがどれだけ妹を検査したのかわかりませんが、妹は完全にくまなく検査されたと母が言っていました。 我々は再び一緒になり、荷物を返してもらい、やっとイタリアに向かうことができたのです。 イタリアから、我々はパレスチナにたどり着きました。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.