Page from the antisemitic German children's book, "Trau Keinem Fuchs..." [LCID: 10640e]

反ユダヤ主義

反ユダヤ主義 「反ユダヤ主義」は、ホロコースト時代に無数の人々に降りかかった悲劇を理解しようとしないところから始まります。

歴史を通じて、ユダヤ人は、反ユダヤ主義として知られている偏見と差別に直面してきました。彼らは約2000年前、現在はイスラエルと呼ばれている土地からローマ人によって迫害され、世界中に広がり、少数派として生活しながら独自の信念と文化の維持に努めてきました。ユダヤ人は一部の国々では歓迎され、隣人と長い平和な時代を楽しみました。住民が主としてキリスト教徒であるヨーロッパ社会では、ユダヤ人は次第によそ者として孤立していきました。ユダヤ人はキリストが神の子であるというキリスト教の信条を共有しなかったため、多くのキリスト教徒はイエスの神性を受け入れないこの拒絶を、傲慢と見なしました。数世紀にわたって教会は、イエスがローマ政府によって迫害されたのは、当局が彼をローマ支配に対する政治的脅威と見なしたからだという、現在のほとんどの歴史家の見解ではなく、イエスの死はユダヤ人のせいであると教えてきました。宗教的な対立に、経済的な対立が加わりました。統治者たちはユダヤ人に規制をかけて、特定の職業に就くことや土地の所有を禁じました。

同時に、原始教会が「高利貸し」(高い利子でお金を貸すこと)を許可しなかったため、ユダヤ人は大多数のキリスト教徒にとって貸金業者という欠かせない(しかし評判の良くない)役割を果たすようになりました。さらに絶望的な時代では、人々が被った多くの問題のスケープゴートにさせられました。たとえば、中世のヨーロッパ全土で数千人が亡くなった疫病である「黒死病」を引き起こしたと非難されました。1400年代のスペインでは、強制的にキリスト教に改宗させられて国に残るか、出国するか、さもなければ処刑されました。1800年代終わりのロシアやポーランドでは、政府が「ポグロム」と呼ばれるユダヤの近辺に対する暴行を組織化し、それを阻止することもしませんでした。これにより、ユダヤ人が殺害されたり彼らの家や店舗が略奪されました。

1800年代、西欧に政治的な平等および自由の思想が広まり、ユダヤ人は法の下でほぼ平等になりました。しかし同時に、新たな反ユダヤ主義の形が出現しました。アフリカおよびアジアに植民地を作りたがっていたヨーロッパの指導者たちは、白人は他の人種よりも優れており、そのため、勢力を広めて「統治能力が弱い」人種や「文明化が進んでいない」人種を併合すべきであると主張しました。一部の記者がこの議論をユダヤ人にも当てはめ、ユダヤ人を誤って、共通の血液や身体的特徴を共有するセム族という民族として定義しました。

このような人種的反ユダヤ主義は、ユダヤ人がキリスト教に改宗しても、人種によってユダヤ人はユダヤ人のままであることを意味しました。一部の政治家は、人種的優位性の思想を票集めの手段として政治活動に利用し始めました。カール・ルーエガー(1844年〜1910年)はそのような政治家の1人でした。彼は19世紀末に反ユダヤ主義を利用して景気低迷時代の原因はユダヤ人にあると非難することで有権者に訴え、オーストリア、ウィーンの市長になりました。ルーエガーは、1889年にオーストリアで生まれたアドルフ・ヒトラーという名前の若者にとって英雄でした。ユダヤ人に対する見解など、ヒトラーの思想はウィーンで暮らしていた頃に形作られました。ヒトラーはウィーンでルーエガーの戦術を学び、ルーエガーの長期にわたる市政の間に増大した反ユダヤ主義的な新聞やパンフレットを目にしたのです。

重要な日付

1890年代
ねつ造されたユダヤ人の陰謀

フランスにおいて、1人のロシア秘密警察のメンバーが『シオン賢者の議定書』をねつ造します。 この議定書では、世界を支配しようとするユダヤ人の陰謀が存在するという主張が宣伝されています。 これらの偽造文書は、世界中のユダヤ人指導者が世界征服の最終案をまとめたとされている会議の議事録として伝えられ、ユダヤ人が政治政党、経済、マスコミ、および世論の管理と操作を目論んで秘密組織および機関を組織したことを示唆しています。議定書は米国を含む世界中の国々で出版されて、ユダヤ人陰謀説を強める反ユダヤ主義者に使用され、1920年代と1930年代は、ナチ党による反ユダヤ主義の思想と政策に対する支持を得るために利用されています。

1894年
ドレフュス事件でフランスが分裂

フランス軍のアレフレド・ドレフュス大尉が、フランスの国防に関する文書をドイツに引き渡したとして逮捕され冤罪を負わされてしまいます。軍事法廷の略式裁判によってドレフュスは反逆罪で有罪となり、フランス領ギアナ沖にある悪魔島での終身刑が宣告されます。この事件によって、フランス国民は2つの対立グループに分かれます。ドレフュスは有罪だと主張する人々(保守派、国家主義者、反ユダヤ主義者のグループ)と、ドレフュスは公正な裁判を受けるべきだと主張する人々(リベラル派、知識人)です。1899年、ドレフュスは新たに裁判を受けますが、軍事法廷で再び有罪となります。しかし、フランス共和国大統領が介入して彼に恩赦が与えられます。ドレフュスは、第一次世界大戦直前の民間法廷によって完全に身の潔白が証明されます。ドレフュス事件をめぐる論争は、フランス将校団やその他の保守派のフランスの団体における潜在的な反ユダヤ主義を反映しています。

1897年4月
カール・ルーエガー、反ユダヤ主義のウィーン市長

カール・ルーエガーはウィーン市長に選出されます。彼は、1910年に亡くなるまでの13年間、市長の座にありました。キリスト教社会主義政党の共同設立者であるルーエガーは、オーストリアの産業革命時に資本主義の躍進に苦しんでいる中小企業主や職人からの支持を得るために経済上の反ユダヤ主義を利用します。彼は、ユダヤ人が資本主義を思いのままにして、経済領域で不公平な競争を行っていると主張します。反ユダヤ主義のこの形は、大衆へのアピールを拡大する手段として、オーストリアとドイツのその他の右翼政党によって20世紀初期に利用されます。ルーエガーの市長在任期間中にウィーン市民であったアドルフ・ヒトラーは、ルーエガーの反ユダヤ主義と大衆の支持を回復させる能力の双方から多大な影響を受けます。ルーエガーの考えは、1920年代のドイツでナチ政党の綱領に反映されています。