ガッド・ベック

ガッド・ベック

生まれました: 1923

ドイツ、ベルリン

ガッドはベルリンで育ちました。 彼の父はオーストリア出身のユダヤ人移民でした。 ガッドの母はユダヤ教に改宗しました。 ベック一家は、東欧からのユダヤ人移民が多く住む、ベルリンの貧しい地区に住んでいました。 ガッドと双子の妹ミリアムが5歳のとき、ベック一家はベルリンのワイセンゼー地区に引っ越しました。そこでガッドは小学校に入学しました。

1933-39: ナチスが権力を握ったとき、私は10歳でした。 学校では、数少ないユダヤ人児童の1人として、すぐにユダヤ人差別の標的にされました。 「ガッドの隣りではなく、どこか他の場所に座ってもいいですか。 ユダヤ人の足はひどい臭いがするんです。」のように。 1934年に両親は私をユダヤ人学校に入学させましたが、12歳のときに学校を辞めざるを得ませんでした。それ以上学費を払う余裕がなくなったのです。 私は店員としての仕事を見つけました。

1940-44: 他のドイツ在住のユダヤ人が東へ移送されたとき、異人種間の結婚で生まれた子供(交雑種)であった私は、移送されませんでした。 私はベルリンに残って、そこで地下組織に関わるようになり、ユダヤ人がスイスに脱出するのを助けました。 同性愛者であった私は、信頼できるユダヤ人以外の同性愛者の知り合いを頼り、食料や隠れ家の提供に手を貸しました。 1945年初めにゲシュタポのユダヤ人スパイが、私と大勢の地下組織の友人たちを裏切りました。 私はベルリンのユダヤ人通過収容所に抑留されました。

戦後、ガッドは生き残ったユダヤ人のパレスチナ移住を組織するのに助力しました。 彼は1947年にパレスチナに渡り、1979年にベルリンに戻りました。