Jews carrying their possessions during deportation to the Chelmno killing center. [LCID: 10047]

ゲットーでの生活

ゲットーでの生活 ゲットーでの生活は通常は耐えがたいものでした。一般的に過密状態でした。1つのアパートに複数の家族が生活していました。配管は壊れ、排泄物はゴミと一緒に通りに捨てられました。窮屈で不衛生な住環境のため、伝染病が急速に蔓延しました。人々は常に飢えていました。ドイツ当局は、ほんのわずかな量のパン、ジャガイモ、油の購入を許可しただけで、故意に住民を飢餓状態にさせました。ゲットーにこっそり持ち込まれる食物を売買するだけのお金や貴重品を所有していた住人もいましたが、生き延びるために仕方なく物乞いをしたり、盗みを働くしかない人もいました。長い冬の間は、暖房のための燃料が不足し、多くの人々は十分な衣類も持っていませんでした。人々は、餓えと寒さによって弱っていき、簡単に病気の犠牲者になりました。病気、飢餓、または寒さによって、ゲットーに居住する数万人もの人々が命を落としました。この希望のない生活から逃れようと、自ら命を絶つ人もいました。

毎日のように、子供たちは孤児になり、その多くがさらに幼い子供たちの面倒を見なければなりませんでした。孤児たちはよく通りで生活し、分ける物がわずかしかないか、まったくない他の人々にパンの小片を恵んでもらえるようねだりました。冬になると、子供たちの多くが凍死しました。

子供たちは、生き抜くために知恵を絞り、何かの役に立つ必要がありました。ワルシャワゲットーの小さな子供たちは、ゲットーの壁の狭い開口部から這い出して、家族や友達のために食料をひそかに持ち込みました。見つかった者には厳しい処罰が与えられるため、これは大きな危険を伴う行為でした。

多くの子供たちは、ゲットーの大人たちが組織した学校の授業に出席することで、教育を受け続けていました。このような授業は、ナチスの政策に反しているため、通常は密かに行われており、子供たちは、捕まれないように、必要に応じて本を服の下に隠すことを覚えました。

苦痛と死が常にすぐそばにありましたが、子供たちはおもちゃで遊ぶことをやめませんでした。ゲットーに一番気に入っていた人形やトラックのおもちゃを持ち込んだ子供もいました。また、見つけた布きれや木片でおもちゃを作る子供たちもいました。ウッチのゲットーでは、たばこの空箱を利用してゲーム用のカードを作った子供もいました。

重要な日付

1940年2月8日
ウッチのユダヤ人がゲットーへの移住を命じられる

ドイツ軍がウッチの北東部にゲットーを設置するよう命じます。これにより、ウッチの総人口の3分の1以上に当たる16万人を超えるユダヤ人が、市内の小さな区域に強制的に移住させられます。ウッチのユダヤ人は、戦前のポーランドでワルシャワに次いで2番目に大きなユダヤ人共同体でした。ウッチゲットーは、有刺鉄線の鉄条網で市内の他の区域から分離されます。区域内は、ゲットーからは除外されている2本の主要道路の交差点を境に3つの部分に分けられ、3区域は歩道橋でつながっています。ウッチの非ユダヤ人用の路面電車はゲットーを横断しますが、ゲットー内で停車することを禁止されます。ゲットーでの生活状態はひどく、水道水や下水道の整備されていない区域が大半です。重労働、人口過密、そして飢餓がゲットーでの生活を言い表す最たる特徴です。

1942年1月16日
ウッチのユダヤ人がヘウムノ絶滅収容所に移送される

ウッチゲットーからヘウムノ絶滅収容所への移送が開始されます。ゲットー内の狩り集めはドイツ警察によって行われます。子供、高齢者、病人を中心とした数百人のユダヤ人は、移送途中にその場で殺害されます。1942年9月までに、7万人以上のユダヤ人と約5,000人のロマ族(ジプシー)がヘウムノ絶滅収容所に移送され、ガストラック(ガス室として機能する密閉された荷台を持つトラック)で殺害されることになります。

1944年6月23日
ドイツがウッチゲットーからの移送を再開する

1942年9月から1944年5月の間、ウッチからの大量移送は行われず、ゲットーは強制労働収容所の様相を呈しています。1944年春、ナチスはウッチゲットーの解体を決定します。その頃までにウッチは、ポーランドに残る最後のゲットーとして、約7万5,000人のユダヤ人の隔離居住区となっていました。ドイツは1944年6月23日、ウッチからの移送を再開します。これにより、約7,000人のユダヤ人がヘウムノに移送され、殺害されます。移送は同年7月と8月も継続され、当時ゲットーに残っていたユダヤ人の大半は、アウシュヴィッツ・ビルケナウ絶滅収容所に移送され、ウッチゲットーは解体されます。