証言者の歴史

ウィリアム(ウェレック)ルクセンブルグ

1939年9月にドイツ軍がポーランドを侵略した直後、ウィリアムの家族はゲットーに移るように命じられ、彼の兄弟は強制労働収容所に送られました。 ウィリアムは役人を買収し、アウシュビッツに送られるはずだった兄弟を病院から救い出しました。 その後、収容所から脱出して兄弟のところに向かった後、ウィリアムは拘置所に入れられました。 彼はブレッヒハマー、グライヴィッツ(ここで後の妻に出会う)、および他の収容所に送られました。 ウィリアムはオーストリア国境近くで死の行進中に倒れましたが、その後解放されました。 彼の両親と兄弟は亡くなりました。

謄本

1日目の夜から事態が変わりました。 最初の夜は、町中で消灯が行われました。 夜間外出禁止命令が出され、日没後に家を出ることは許されませんでした。 最初の夜に記憶に深く残っていることは、近所に住む若者が道を渡ろうとしたときのことです。彼は、ただ道を渡るだけなら夜間禁止命令に背くことにはならないと思ったのです。ドイツ軍兵士に「止まれ」と言われたのですが、彼は走り続けました。 そして彼は路上でマシンガンで撃たれ、我々の家の前で倒れたのです。 それでドイツ軍兵士は、「男は全員出てこい(Raus)」と叫び始めました。そして男たちに死体を運ぶのを手伝うように命じたのです。私はほかの4人と一緒に死体を運ばなければなりませんでした。 彼はマシンガンでめった撃ちにされていたので、体が半分に切断されていたのです。 私が家に戻ったときには全身血まみれになっていて、私が家に入ったときに、母は私が全身血まみれになっているのを見たのです。それは初めての恐ろしい光景でした。 私は完全に血まみれになっていて、そのときの母の表情を今でも覚えています。血まみれになった私を見た母は恐怖に怯えて泣き叫びました。それが、最初の日の夜の出来事でした。我々はその後何が起きるのか想像もできず、最初の夜から恐怖におののいたのです。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.