Distant view of smoke from the Treblinka killing center, set on fire by prisoners during a revolt. [LCID: 35277]

絶滅収容所の反乱

画像はこちらからご覧ください

絶滅収容所の反乱 ワルシャワゲットーの蜂起によって、他のゲットーや絶滅収容所の反乱も誘発されました。抵抗者の多くは自分たちが戦闘能力においてドイツ軍よりも圧倒的に劣っていることを知っていましたが、戦って死ぬことを選びました。

1943年5月、トレブリンカに移送された最後のユダヤ人がガス室で殺害された後、約1,000人のユダヤ人捕虜が収容所に残っていました。囚人たちはまもなく殺害されることを悟り、蜂起することを決意しました。8月2日、彼らは、シャベル、つるはし、そして武器倉庫から盗んだわずかな武器で武装し、収容所に火を放ち、有刺鉄線のフェンスから脱出しました。約300人の囚人が何とか脱出に成功し、その3分の1がドイツ軍の追っ手からも逃れました。

ソビボルの2人の囚人、アレクサンドル・ペシェルスキーとレオン・フェルドヘンドラーは、1943年に同様の蜂起を計画しました。10月14日、囚人たちは、11人の収容所護衛兵を殺害し、収容所に火を放ちました。約300人の囚人は脱出しましたが、その多くは、この追跡中に殺害されました。この蜂起後に、生き残ったのは50人でした。

アウシュビッツのビルケナウでは、ゾンダーコマンドの囚人(殺害された犠牲者の死体を焼却することを任務とする特殊部隊)が彼らの殺害計画を知りました。1944年10月7日、ゾンダーコマンドの集団が反乱を起こし、3人の護衛兵を殺害し、焼却炉を爆破しました。数百人の囚人が脱出したものの、その多くは捕らえられ、殺害されました。4人の若い女性がダイナマイトを提供した罪で告発され、残った囚人たちの目の前で絞首刑に処せられました。その中の1人が、23歳のロザ・ロボタでした。彼女は、足下の扉が開く瞬間に叫びました。「もっと強さを。もっと勇気を。」

重要な日付

1943年8月2日
トレブリンカ収容所の反乱

1943年初めに、トレブリンカ絶滅収容所への移送が終了します。3月には、ドイツ軍はトレブリンカで作戦1005を開始します。作戦1005は、大量殺戮のあらゆる証拠を隠蔽するためのドイツ軍の計画のコード名です。囚人は、集団墓地から死体を運び出し焼却する強制労働を課せられます。この作戦が終了に近づくにつれて、囚人たちは自分たちも殺害され、収容所が解体されるのではと懸念を抱き始めます。収容所のレジスタンスリーダーは、蜂起を決意します。1943年8月2日に、囚人たちは収容所の兵器庫から気付かれないように武器を奪取しますが、収容所を占拠する前に発見されてしまいます。数百人の囚人が逃亡しようとして正門に突入します。多くは機関銃で射殺されます。300人以上の囚人は逃亡に成功するものの、その多くはドイツの警察とドイツ軍によって捕らえられ、殺害されます。この反乱中、囚人によってほとんどの収容所が焼き払われます。生き残る囚人は、収容所のあらゆる痕跡を消し去るように強制されます。そして、その後、射殺されます。1943年の秋、トレブリンカはついに解体されました。87万人〜92万5,000人の人々がここで殺害されました。

1943年10月14日
ソビボル収容所の反乱

作戦1005は、収容所の虐殺作戦のまっただ中である1942年の秋にソビボル絶滅収容所で実施されます。1943年初めに、ソビボル収容所への移送の頻度が低下し、囚人たちは、自分たちがまもなく殺害され、この収容所が解体されるのではとの疑いを持ちました。囚人たちは、1943年の初めにレジスタンスネットワークを結成します。囚人たちは、反乱を起こし、収容所から集団で逃亡することを計画します。1943年10月14日、囚人たちは蜂起し、ドイツ人とウクライナ人の護衛兵を気付かれないように殺害します。護衛兵が発砲し始めたので、正門には近づけず、囚人たちは地雷原を通って脱走せざるを得ません。300人ほどが逃亡しました。約100人は捕まり、射殺されました。この反乱の後、ソビボル収容所は閉鎖され、解体されました。全体で、16万7,000人の人々がソビボルで殺害されました。

1944年10月7日
アウシュビッツでのゾンダーコマンドの蜂起

1944年の夏、アウシュビッツのガス室の使用は、44万人を超えるハンガリー系ユダヤ人の到着により増大します。この虐殺場所で働く囚人の特殊別働隊(ゾンダーコマンド)が増員され、ガス室での大量虐殺に対処しています。しかし、1944年の秋までに、この特殊別働隊の人数が再び減少します。ゾンダーコマンドの囚人は、自分たちも殺害されることを恐れ、反乱を起こし、逃亡することを計画します。この反乱の計画では、女性囚人の協力もあり、ゾンダーコマンドの囚人のため近くの工場の火薬を密かに入手します。1944年10月7日、ゾンダーコマンドの囚人たちは蜂起し、遺体焼却炉IVを爆破すると共に、親衛隊の護衛兵を何名か殺害します。この反乱は、収容所護衛兵によってすぐに鎮圧されます。ゾンダーコマンドの囚人は全員殺害されます。工場の火薬をゾンダーコマンドに提供した4人の女性は、収容所が解放される数週間前の1945年1月6日に縛り首にされます。

1945年1月17日
ヘウムノ

ヘウムノ収容所は、当初1943年の3月に閉鎖されましたが、ウッチゲットーの解体を早めるため1944年の6月に再開設されました。虐殺作戦は1944年の7月中旬まで行われます。1944年9月から、ユダヤ人の囚人グループは、大量殺戮のあらゆる証拠を隠蔽するためのドイツの計画である作戦1005の一環として、ヘウムノの集団墓地から死体を掘り出して焼却するように強制されます。ソ連軍がヘウムノ絶滅収容所に接近しているその夜、ドイツ軍は、この収容所を放棄することを決定します。ドイツ軍は、この収容所から離れる際、残っているユダヤ人捕虜を殺害し始めます。一部の捕虜は、抵抗して逃げます。3人の捕虜が生き残ります。少なくとも15万2,000人の人々がヘウムノで殺害されました。