スミリカ・リョリッチ・ヴィスニェヴァック

スミリカ・リョリッチ・ヴィスニェヴァック

生まれました: 1905

ユーゴスラビア、モスタル

スミリカは、ユーゴスラビアの中央部にあるヘルツェゴヴィナ地方の町モスタルでセルビア正教徒の両親のもとに3人娘の1人として生まれました。 スミリカの母は彼女が3歳のときに死亡し、3人の娘は父に育てられました。 おてんば娘だったスミリカは17歳のとき、ミス・マカルスカ・リビエラ美人コンテストに優勝し、ファッションモデルになるためにドイツに旅立ちました。

1933-39: スミリカは、ベルリンでモデルとして成功しました。 背が高くスリムな体型、高いあご骨、アーモンド形の灰色がかった青い目をした彼女は、グレタ・ガルボに似ていることで有名になりました。 ヒトラーが政権を握った後、スミリカはファシズムに反感を抱き、ドイツを離れました。 1939年9月にヨーロッパで戦争が勃発したとき、スミリカは夫のティホミール・ヴィスニェヴァックと幼い息子と一緒にユーゴスラビアの首都ベオグラードに住んでいました。

1940-41: ベオグラードの多くの人々と同様に、スミリカは反ファシストであることを公言していました。 1941年3月27日に、ユーゴスラビアで新たな反ファシスト政権が権力を握りました。 これを受けて、ドイツは1941年4月6日の枝の主日にベオグラードで突然、爆撃を開始しました。その6日後にドイツ軍が町を占領しました。 ヴァイマル政権下のドイツにいた頃その反ファシスト主義がドイツ人に知られていたスミリカは、ゲシュタポの一斉検挙で夫と共に捕らえられました。 スミリカと夫は、2週間以上にわたって殴られ、拷問されました。

スミリカは、1941年5月初めにバニツァ強制収容所でドイツ人銃殺隊によって銃殺されました。35歳でした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.