<p>シーメンスの工場で強制労働に従事する囚人たち。1940年〜1944年、 ポーランド、アウシュビッツ強制収容所。</p>

強制労働

強制労働 ドイツ占領地域で、ナチスはユダヤ人労働者だけを残虐に扱いました。また、信仰の厚いユダヤ人が親衛隊から髭をそり落とすように命じられるなど、ユダヤ人の労働者は屈辱的な扱いも受けました。占領下ポーランドでは、ユダヤ人の強制労働収容所と同様に、ゲットーがユダヤ人労働力を利用するための基地の役割を果たしました。たとえば、ウッチのゲットーでナチスは96棟の工場を開設しました。働けることで彼らの命は救われましたが、それも束の間でした。ナチスに非生産的と判断されたユダヤ人は、直ちに射殺されるか国外へ追放されることがよくありました。ユダヤ人の労働力は、強制労働でさえ消耗品と見なされました。ユダヤ人の絶滅がナチスの最優先事項となりました。

ナチスは経済的利益のために「国家の敵」の強制労働を搾取しました。1942年〜1943年のスターリングラードの戦いに敗れた後は特に、ドイツの戦時経済下で労働力不足が深刻な問題になりました。このことから、ドイツ産業の強制労働者として囚人の利用が急増していきました。特に1943年〜1944年には、工場内や工場の近くに何百もの収容所が建設されました。

ポーランドのアウシュビッツやドイツ中部のブーヘンヴァルトなどの収容所は、強制労働収容所の巨大なネットワークの管理センターとなりました。親衛隊が所有する企業(German Armament Worksなど)に加え、メッサーシュミット、ユンケルス、シーメンス、I. G.ファルベンなどのドイツの民間企業は、軍需増産をますます強制労働者に頼るようになりました。これらの収容所のうち最も悪名高いのは、アウシュビッツ第3強制収容所、I.G.ファルベン経営の合成ゴム工場に強制労働者を提供していたモノヴィッツです。強制収容所の囚人は文字どおり、死ぬまで働かされたのです。

重要な日付

1939年10月26日
ポーランドでユダヤ人に課された強制労働

1939年9月にドイツ軍がポーランドを占領すると、戦禍の片付けや道路の修復のため直ちにユダヤ人が強制労働に召集されます。10月にはドイツ軍が占領下のポーランドで14〜60歳のユダヤ人男性の強制労働を制度化し、これが正式に実施されることとなります。後に、ユダヤ人女性と12〜14歳の子供たちにも労働が強制されます。ユダヤ人の強制労働収容所が占領下のポーランド全域に設置され、ゲットーのユダヤ人は仕事のためにドイツ占領当局に出頭することを義務付けられます。通常は、厳しい状況下で1日10時間から12時間、わずかな賃金か無償で働きます。

1942年5月21日
I.G.ファルベン工場アウシュビッツの近くで操業開始

I.G.ファルベン合成ゴムと石油工場が収容所のユダヤ人強制労働者を使ってアウシュビッツ近くのモノヴィツェ村で操業を開始します。ドイツの複合企業I.G.ファルベンは、収容所の安い労働力と近隣のシュレンジエン炭鉱を利用するために工場を開設し、7億ライヒスマルク(1942年当時の140万米ドル)を超える資金を投資しました。ブナまたはモノヴィッツとも呼ばれたアウシュビッツ第3強制収容所は近くにあり、工場に強制労働者を提供します。この巨大工場の労働者は極端に短命です。1945年までに、約2万5,000人の強制労働者がモノヴィッツ工場で亡くなります。

1942年7月11日
ギリシャ、サロニカのユダヤ人を強制労働の目的で拘留

サロニカ在住の18歳から45歳までのユダヤ人男性全員がリバティスクウェアに集合させられ、強制労働を強いられます。9,000人のユダヤ人男性が集まり、約2,000人がドイツ軍の強制労働プロジェクトに割り当てられます。残りは、サロニカとアテネのユダヤ人共同体がドイツ占領当局に莫大な保釈金を払うまで拘留されます。この支払の一部として、サロニカのユダヤ人墓地の所有権が市に譲渡されます。市は墓地を解体し、墓石を使って跡地に大学を建設します。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.