A transport of Jewish prisoners marches through the snow from the Bauschovitz train station to Theresienstadt. [LCID: 69720]

証言者の歴史

生存者の口述歴史資料をアルファベット順のリストで閲覧する。これらのインタビューはホロコーストと第二次世界大戦の間の直接聞いた話や個人の経験を表してます。

| "証言者の歴史"の検索結果 space(s) 101-125件を表示/全177件 |

  • パット・リンチ

    証言者の歴史

    パットはヨーロッパの強制収容所の解放中に避難病院で働いた数千人の米国人看護婦の1人でした。 彼女は収容所の生存者を看護しました。解放されたとき、彼らの多くは重体でした。

    パット・リンチ
  • ピーター・ブラック

    証言者の歴史

    1980年代と1990年代に、歴史家のピーター・ブラックは、米国司法省の特別調査室で、戦争犯罪者の疑いがある人々を追跡し起訴するチームで働きました。ブラックは、現在では、米国国立ホロコースト記念博物館の上級歴史学者として働いています。

    ピーター・ブラック
  • ピーター・ブラック

    証言者の歴史

    1980年代と1990年代に、歴史家のピーター・ブラックは、米国司法省の特別調査室で、戦争犯罪者の疑いがある人々を追跡し起訴するチームで働きました。ブラックはその後、米国国立ホロコースト記念博物館の上級歴史学者として働きました。

    ピーター・ブラック
  • フランク・ハンバーガー

    証言者の歴史

    ジョージア州コロンバス出身のフランク F.ハンバーガーは、第65歩兵師団に属していました。

    タグ: 解放部隊
    フランク・ハンバーガー
  • フランツ・ヴォールファート

    証言者の歴史

    フランツとその家族はエホバの証人でした。 1938年、ドイツはオーストリアを併合しました。第二次世界大戦の勃発後、フランツの父親はエホバの証人として戦争に反対したかどで処刑されました。 1940年、フランツは軍事訓練への参加を拒否し、ナチスの旗にも敬礼しませんでした。…

    フランツ・ヴォールファート
  • フランツ・ヴォールファート

    証言者の歴史

    フランツとその家族はエホバの証人でした。 1938年、ドイツはオーストリアを併合しました。第二次世界大戦の勃発後、フランツの父親はエホバの証人として戦争に反対したかどで処刑されました。 1940年、フランツは軍事訓練への参加を拒否し、ナチスの旗にも敬礼しませんでした。…

    フランツ・ヴォールファート
  • フリッツィ・ヴァイス・フリッツォル
  • フリッツィ・ヴァイス・フリッツォル

    証言者の歴史

    フリッツィの父親は既に米国に移住していましたが、家族を迎える前に戦争が始まり、フリッツィの母親は大西洋横断客船への攻撃を恐れはじめました。 やがてフリッツィは母と2人の兄弟と共にアウシュビッツに送られました。 母親と兄弟は死亡しました。 フリッツィは実際の年齢よりも年上であるように振る舞い、丈夫な労働力と見なされて生き延びることができました。…

    フリッツィ・ヴァイス・フリッツォル
  • フリーマ・ラウブ

    証言者の歴史

    フリーマの家族はゲットーに収容されていましたが、父親はナチに通訳として使われていました。 父親はやがて死にました。 フリーマは母親と姉と共にユダヤ人でないふりをして、ドイツ軍の移動虐殺部隊の殺戮を逃れました。 しかし後に見つかり、捕らわれました。 そこでもまた、母親が逃げる方法を考え出しました。…

    フリーマ・ラウブ
  • ブランカ・ロートシルト

    証言者の歴史

    ブランカは、ポーランドのウッチに住む、絆の強い家族のたった1人の子供でした。 彼女の父親は1937年に亡くなりました。ドイツ軍によるポーランド侵攻後、ブランカと母親は移動できない祖母と共にウッチに残りました。 他の親類と一緒に、彼女たちは1940年にウッチのゲットーに強制移送され、ブランカはパン屋で働きました。…

    ブランカ・ロートシルト
  • ブランカ・ロートシルト

    証言者の歴史

    ブランカは、ポーランドのウッチに住む、絆の強い家族のたった1人の子供でした。 彼女の父親は1937年に亡くなりました。ドイツ軍によるポーランド侵攻後、ブランカと母親は移動できない祖母と共にウッチに残りました。 他の親類と一緒に、彼女たちは1940年にウッチのゲットーに強制移送され、ブランカはパン屋で働きました。…

    ブランカ・ロートシルト
  • ブランカ・ロートシルト

    証言者の歴史

    ブランカは、ポーランドのウッチに住む、絆の強い家族のたった1人の子供でした。 彼女の父親は1937年に亡くなりました。ドイツ軍によるポーランド侵攻後、ブランカと母親は移動できない祖母と共にウッチに残りました。 他の親類と一緒に、彼女たちは1940年にウッチのゲットーに強制移送され、ブランカはパン屋で働きました。…

    ブランカ・ロートシルト
  • ブリジッテ・フリードマン・アルトマン

    証言者の歴史

    1939年9月、第二次世界大戦が始まりました。ブリジッテとその家族は、北米に行くためのビザとパスポートを守るためにカウナスに引っ越しました。 1941年7月のドイツ軍によるリトアニア占領後、ブリジッテとその家族はカウナスのゲットーに強制的に移住させられました。 ブリジッテの家族は「大虐殺」を生き延びましたが、母親はゲットーで病気のため亡くなりました。…

    タグ: ゲットー
    ブリジッテ・フリードマン・アルトマン
  • プレベン・ムンク・ニールソン

    証言者の歴史

    タグ: 救援
    プレベン・ムンク・ニールソン
  • プレベン・ムンク・ニールソン

    証言者の歴史

    プレベンは、スネッカーステンという小さな漁村のプロテスタントの家庭のもとに生まれました。 ドイツ軍は1940年にデンマークに侵略し、プレベンはレジスタンスの秘密工作員になりました。…

    タグ: 救援
    プレベン・ムンク・ニールソン
  • プレベン・ムンク・ニールソン

    証言者の歴史

    プレベンは、スネッカーステンという小さな漁村のプロテスタントの家庭のもとに生まれました。 ドイツ軍は1940年にデンマークに侵略し、プレベンはレジスタンスの秘密工作員になりました。…

    タグ: 救援
    プレベン・ムンク・ニールソン
  • ヘッシー・レビンソンズ・タフト

    証言者の歴史

    戦争前の反ユダヤ感情が高まる中、ヘッシーの家族はドイツを逃れてパリに移りました。 1940年6月、フランスはドイツ軍の手中に落ち、ヘッシーの家族は南フランスの「自由圏」に逃れました。 家族は米国へのビザを1941年に取得しましたが、ビザの有効期間内に出発できず、期間延長は許可されませんでした。…

    ヘッシー・レビンソンズ・タフト
  • ヘッシー・レビンソンズ・タフト

    証言者の歴史

    戦争前の反ユダヤ感情が高まる中、ヘッシーの家族はドイツを逃れてパリに移りました。 1940年6月、フランスはドイツ軍の手中に落ち、ヘッシーの家族は南フランスの「自由圏」に逃れました。 家族は米国へのビザを1941年に取得しましたが、ビザの有効期間内に出発できず、期間延長は許可されませんでした。…

    タグ: 難民
    ヘッシー・レビンソンズ・タフト
  • ヘッティ・ダンコナ・デリューヴェ

    証言者の歴史

    1940年5月、ドイツ軍がオランダに侵攻しました。その後1年ぐらいで、ヘッティや他のユダヤ人の子供たちは普通の学校に通えなくなりました。…

    タグ: 潜伏 子供
    ヘッティ・ダンコナ・デリューヴェ
  • ヘレン(ヘレン・カッツ・ヴォールファールト)ウォーターフォード
  • ヘンリー・J・ケラーマン

    証言者の歴史

    ヘンリーは1937年にベルリン大学で法学の博士号を取得しました。ボルチモアのヘブライ教会のラビを身元引受人として、ヘンリーはその年に米国に移住しました。 1945年、戦略諜報局(OSS)はドイツのニュルンベルクで開催される国際軍事裁判の審理前の準備の任務をヘンリーに与えました。 彼は多数の証人や被告を尋問しました。…

    ヘンリー・J・ケラーマン
  • ベノー・ヘルマー

    証言者の歴史

    ベノー・ヘルマー
  • ベラ・ジャクボヴィッチ・トーベイ
  • ベラ・ジャクボヴィッチ・トーベイ
  • ベラ・ジャクボヴィッチ・トーベイ

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies, Abe and Ida Cooper Foundation, the Claims Conference, EVZ, and BMF for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of donor acknowledgement.